見出し画像

事例増加中の「メディア特性にマッチした広告記事」

「LINEアカウントメディア プラットフォーム」(以下アカウントメディア)には、各メディアの配信に広告記事が設定できる「DIGEST Spot for アカウントメディア」(以下ダイジェストスポット)という広告メニューがあります。
メディアは、ダイジェストの画像枠またはテキスト枠を広告枠(下図参照)として買い取ることで、1日1枠限定で広告記事の配信が可能です。広告記事からは指定サイトへの誘導ができます。

図2

ダイジェストスポットは、参画メディア数やユーザー数などサービス規模の拡大に伴い、導入事例も増加。2020年12月には、アカウントメディア全体を通して過去最多の配信があり、配信件数は2017年12月と比べて2.3倍になりました。
コロナ禍でデジタル広告への移行が進んだことで、新たにダイジェストスポットを活用するようになった事例も増加しています。

図8

各メディアのダイジェストに広告記事を設定できる

メディアがダイジェストスポットを使うには、アカウントメディアに参画することが必要です。アカウントメディアとは「LINE NEWS」がパートナーメディアに提供しているニュース配信プログラムの一つ。参画メディアは、記事8本で構成される「ダイジェスト」を作り、LINE公式アカウントを通じてユーザーにプッシュ配信します。ダイジェストスポットは、この「ダイジェスト」内に設定することができる広告メニューです。
アカウントメディアには、全国紙や地方紙、ファッション誌、ライフスタイル誌、ビジネス誌、趣味系雑誌、人気Webサイトなど360以上の幅広い分野のメディア(LINE MOOKおよび自社媒体含む/2021年2月時点)が参画。累計友だち登録者数は、2020年5月末時点で2億人を超えています。
参画メディア一覧

アカウントメディアの特徴

広告記事が設定できるアカウントメディア。特徴には、以下のようなものが挙げられます。

●メディアのファンが集まる
ユーザーは自身が好きなメディアを選び、そのアカウントと友だちになることで、ニュースを受け取ることができます。ユーザーが能動的にメディアをフォローする(下図①)ため、各メディアの“ファン”が定着しやすいニュースプラットフォームです。

●“プッシュ型”の配信
LINEアプリのトーク画面に、公式アカウントを通じてプッシュ配信(下図②)。“プル型”ではなく、ユーザーの手元に直接記事を届けることができます。

図7

●メディアの特性に合わせた配信内容・スケジュール
ユーザーに向けて、メディア側のタイミングで、メディア独自の視点で配信することができます。ダイジェストは、各メディアが事前に指定している曜日・時間に定時配信されます。

アカウントメディアの詳細や収益モデルは、以下もご参照ください。
読者との結びつきが特徴 LINEアカウントメディアとは
メディア側の収益は?広告記事も設定できる

ダイジェストスポットの特徴

●“プッシュ”で指定した時間に届けられる
アカウントメディアの「ダイジェスト」はLINEにプッシュ配信されるため、配信から比較的短い時間でユーザーに読んでもらえる傾向があります。また、事前にメディア側が設定した指定の日時に配信できることも特徴です。そのため、短期間で素早く認知させたい内容、例えばイベントやキャンペーン、アンケートなどで効果が高かったケースが多く、クライアントからも「配信直後の反応を実感できる」「アプローチしたい期間にピンポイントで訴求ができる」といった声が寄せられています。

●アカウントメディアだけの「記事体広告」
広告記事は、記事8本で構成された「ダイジェスト」の1本として届きます。そのため、直接広告記事を閲覧するユーザーだけでなく、他の記事を読んだ後、そのまま同一画面でスクロールして閲覧するユーザーが多いことも特徴です。また、通常の記事とは異なり、閲覧経路にかかわらず全文表示される仕様のため、ユーザーには常にリッチな情報を届けることができます。

図3

●本誌や本サイトに掲載している「記事広告」をベースに制作も可能
商材によっては、各メディアでご掲載の記事広告をベースに制作できます。制作コストを抑え、かつスピーディーな進行も可能です。


クリエイティブ概要

各メディアのダイジェスト(定時配信面)

図4

記事ページ

サンプル1

メディアの媒体資料に掲載する際の一例

メディアが各広告メニューとして資料化する際の記載例です。想定PVや友だち属性データ等、ご不明な点はLINE社へお問い合わせください。各種数値については、管理画面からも確認できます。

図6


クリエイティブに関する詳細や注意事項、広告掲載ポリシーについては、以下の資料をご参照ください。
DIGEST Spot for アカウントメディア 媒体資料
なお、ダイジェストスポットはLINEで配信をするため、LINE社の広告審査機関で商材と記事の確認をしています。

配信をご検討のメディアの皆さま

最新の媒体資料や規約・営業資料、マニュアル類のご提供も可能です。配信に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。
なお、基礎概要の説明会をオンラインにて開催中です。ご興味のある方はご連絡ください。
■お問い合わせ :DIGEST Spot for アカウントメディア担当 
Mail:dl_linenews_am_ds@linecorp.com

2
LINE公式アカウントを通じて、ニュース記事がダイジェスト形式で届く「LINEアカウントメディア プラットフォーム」。全国紙や地方紙・ファッション誌・ビジネス誌など350以上のメディアが、独自の視点で厳選した記事を配信しています。その仕組みや注目事例などをご紹介。