メディアの「濃く深い」記事をLINEで届けたい 特別なコンテンツ「コラボ企画」とは?
見出し画像

メディアの「濃く深い」記事をLINEで届けたい 特別なコンテンツ「コラボ企画」とは?

LINE NEWSは「LINEアカウントメディア」に参画するメディアと一緒に「濃く深い」記事を届けることを目的として、共同で記事を制作する「コラボ企画」という取り組みを実施しています。

コラボ企画は、ストレートニュースや時事的な話題以外でも、社会的な意義のあるコンテンツを多くのユーザーに届けたいという思いから生まれた取り組みです。未知のジャンル、知られざる歴史、重厚なヒューマンストーリーなど、ユーザーが普段は出会いづらいテーマに触れることで多くの気付きを得てもらえるよう、さまざまなメディアと共にLINE NEWS限定で特別なコンテンツを配信しています。

また、一つのテーマを設定した上で複数のメディアと連携し、その媒体ならではの視点で書かれた記事をシリーズで配信することもあります。3月には東日本大震災に関するもの、8月には戦争にまつわるもの、12月には1年間の振り返り…などを展開してきました。

地元紙から全国に“3.11”を語ってもらうため、始まった

コラボ企画を始めたのは、メディアが時間をかけて取材した内容をLINEユーザーに届け切れているのか、と改めて考えたことがきっかけでした。メディアからも、通常配信では出し切れない企画や、紙面化の際にそぎ落としてしまった内容があること、広く届けたい記事がインターネットでは埋没してしまうことなどの課題をお聞きしていました。その解として記事が掲載される場の提供と制作費の支援ができないか、との思いから始まっています

初めてのコラボ企画は2018年3月、宮城県の地元紙・河北新報と共に実施。東日本大震災から8年を迎えるに当たって、同社とLINE NEWSは共に風化への危機感を強めていました。両者で話を進める中で、LINE NEWSとしても、被災者の思いや暮らし、被害に遭った地域の現状について「自分ごと」として報じ続けている地元紙だからこそ書ける記事があることに改めて気付かされ、全国のユーザーに届けたいという思いを強く持ちました

こうして出来上がったのが、津波で流された陸前高田市のジャズ喫茶を営むご主人を取材したものです。苦難に耐えながら希望を失わず、8年目の再出発を迎えるまでの日々を追った地元紙ならではの内容でした。

画像1

(ニュースタブに掲載した「コラボ企画」初の記事)

それから3年半。新聞やテレビ、ビジネス・スポーツの専門媒体などジャンルにかかわらず、これまでに約300本のコラボ企画を実施してきました。

コラボ企画が目指したのは、メディアが取材した渾身の「濃く深い」記事を多くの人に読んでもらうようにすることです。瞬時に消費されてPVだけが残るのではなく、ユーザーに深く響くコンテンツを届けるお手伝いができないかとメディアと一緒に模索してきました。

SNSで反響が大きいことも多く、「泣いた」「身震いした」という感動の声や「Webでもこのような骨太の長文記事が読めるのか」といった驚きが投稿されることも多々あります。

一方、共同制作したメディアからは「自分が書いてきた記事の中で一番読まれた実感がある。SNSなどでこんなにも反応があったのは初めてだった」「普段はなかなかリーチできない読者層、特に若い世代に届けることができた」などの所感を頂きました。

また制作に当たっては、スマートフォンで読むことを前提に通常の配信では用いない表現をしたり、動画を作ったりすることで、記事に没入させていく仕掛けを“実験”する場としてもご活用いただいています。「斬新な表現方法にもチャレンジすることで、ユーザーから高い評価を得られた。また、ナレッジもたまった」とのフィードバックもありました。

コラボ企画が大切にする観点

コラボ企画では、5つのキーワードを軸に共同制作しています。

1, 公共性
コラボ企画は、幅広い世代が利用しているLINEのニュースタブで掲載するため、伝えたい内容をできる限り広く届けることを目指しています。テーマや主人公がメジャーかニッチかは関係なく、多くの人に届けるべきメッセージがあるかを重視。そして、専門的になりすぎず、多くの人に伝わりやすい言葉と構成を考えます。
ゴング格闘技の「デカセギからRIZINへ~サトシとクレベル、日系ブラジル人とボンサイ柔術と日本の絆」は、日系ブラジル人格闘家と日本人の交流を描き、多様性や共生社会へのメッセージを伝えました。アニメ!アニメ!の「【アニメで戦争の記憶継承】「この世界」片渕監督―戦争を直接知らないからこそ、伝え続ける意義がある」では、映画を見ていない人にも伝わるよう作品の映像を挿入し、監督の思いを丁寧にくみ取っていきました。
, メッセージ性
コラボ企画では、記事を読んだユーザーの考えや価値観を変えたり、背中を押したりするような「ユーザーの明日が変わること」を目標に掲げています。単なる問題提起にとどまらず、ユーザーの態度変容につながっていくような、メッセージ性のある内容を目指しています。
ライフスタイル誌・サライの「自分を幸せにする約束 ―15歳の少女が選択した、“舞妓”という生き方、家族との別れで得たものとは?」では、一人の舞妓の姿を描く上で、女将や長唄の師匠にも取材して彼女の意志を浮き上がらせ、自分らしく生きることの尊さを伝えました。
, 独自性
アカウントメディアに参画しているメディアの数は360以上。そのメディアならではの取材力や蓄積に基づく強みを生かした視点で、テーマを設定しています。
秋田魁新報の「吉田輝星、地元紙記者が追い続けた進化と成長」は、夏の甲子園で準優勝した金足農業高校のエースを中学生時代から取材していた地元紙だからこそ書ける物語でした。
, 至難性
コラボ企画はLINE NEWSと共同制作する特別な記事です。ストレートニュースではなく、多角的な周辺取材で主題の輪郭を浮かび上がらせたり、一つの事柄を深く調査したりすることで、一度の取材では到達しえないゴールに達することを理想としています。
テレビ新広島の「原爆ドームは誰が名付けた? 1人の記者が行きついた 歴史に隠された真実と意外な答え」では、報道記者が歴史資料を紐解きながら自分の足で調べていく過程そのものを描き、多くの被爆者らのインタビューを通じて、歴史の流れに埋もれていた“答え”に読者とたどり着きました。
5, 新規性
文字や画像だけでは伝わりにくいことが、数秒の動画でくっきりと伝わることがあります。スポーツのプレー動画や複雑な技(トリック)を解説するスライドショー、喜怒哀楽を捉えたインタビューなどをテキストの中に織り交ぜた“新しい見せ方”に取り組んでいます。
朝日新聞デジタルの「音に反応しなくなった聴導犬レオン 最期まで一緒に、私の恩返し」は、聴導犬が実際に動いている様子を多く挿入し、理解を深めやすい見せ方になりました。

こういった5つの観点を持ちながら、メディアの記者とLINEの編集者が共同で制作。スマートフォンに最適化し、広い読者層を想定した飽きさせない見せ方を考え、作っています

掲載と取材費の支援

コラボ企画では、LINE上で月間7,700万人(※2021年8⽉時点)が利用するニュースタブでの掲載と、取材費支援によって成果の最大化を目指しています
不特定多数の人が訪れるニュースタブに掲載することで今まで届けられなかったユーザー層にも記事をリーチさせるとともに、充実した取材をしていただけるよう取材費の一部を支援しています。

画像2

(ニュースタブでの掲載イメージ)

掲載後は、読んだユーザーの属性や読了率などをレポーティング。読者の性別、年代や住む地域の他、どれくらいの人がどこまで読んだのかなどを把握・分析することができます。

参画メディアの皆さまへ

コラボ企画はテキストで3000字以上を目安とし、画像や動画をふんだんに使い、スマートフォンでの新しい見せ方を模索しています。また、記事はオンラインではLINE NEWSを初出とし、独占配信する共同企画となります。(各メディアの自社サイトでの同時公開は可)
LINE NEWSではこれからも多くのメディアとコラボレーションし、素晴らしいコンテンツをユーザーに届ける橋渡し役となりたいと考えています。5つのキーワードに当てはまりそうな企画や、多くのユーザーに届けたいテーマがあれば、アカウントメディア担当窓口までご連絡いただけると幸いです。


■ニュースタブからコラボ企画の直近30記事がご覧いただけます

コラボ一覧


■これまでのコラボ企画の事例はこちら


LINE公式アカウントを通じて、ニュース記事がダイジェスト形式で届く「LINEアカウントメディア プラットフォーム」。全国紙や地方紙・ファッション誌・ビジネス誌など370以上のメディアが、独自の視点で厳選した記事を配信しています。その仕組みや注目事例などをご紹介。