見出し画像

友だちを増やすには LINE NEWSによる支援も

ここでは「LINEアカウントメディア プラットフォーム」(以下アカウントメディア)の友だち獲得施策についてご紹介します。
メディア側の収益は?広告記事も設定できる」でご紹介したように、アカウントメディアでは、運用型広告による売り上げから所定の料率(2020年11月現在50%)をメディアに分配していますが、収益化の後押しとしてアカウントの友だち獲得を支援し続けています。

「友だち」獲得のためのさまざまな施策

① LINEスタンプによる支援
LINEスタンプによるアカウントメディアへの集客支援(スタンププレゼントキャンペーン)を年間4~6回程度実施しています。ユーザーは、好きなアカウントを選択し友だち追加することで、無料で所定のLINEスタンプを獲得できます。1回の施策で累計数百万人(集計対象:全参画メディア)の友だち獲得を見込んでいます。

画像1

② LINE NEWSにおける支援
A.友だち限定記事
「LINE NEWS」ではアカウントメディアの記事の中から独自選定した記事を、アカウントの友だち追加を必須とする「友だち限定記事」に自動でステータス変更し、ニュースタブ等に掲載しています。月間7500万UUのLINE NEWS上で、ユーザーの属性や嗜好に応じてターゲット配信することで、高い集客効果が見込めます。

B.記事下部の友だち追加導線
ユーザーがLINEアプリのニュースタブなどで記事を閲覧した際に、その記事を配信したアカウントの友だちではない場合、フォローを促すボタンが表示されます。この仕組みによって、ニュースタブにおけるユーザーへのアプローチが可能です。

画像2

③ 参画メディアが実施できるLINEアプリ以外における友だち獲得施策
参画メディアが紙面や自社サイトなどでアカウントを告知できるように、告知用の素材を提供しています。
LINEスタンププレゼントキャンペーンの期間中はキャンペーン用の告知素材を、キャンペーン期間外はQRコードをはじめとしたさまざまな素材を使うことができます。

画像3

名刺やイベントでのサンプリングなど、オフラインでの告知も可能です。

④ 友だち限定記事の活用
各メディアも、アカウントのフォローを必須とする「友だち限定記事」によって友だち獲得を促進できます。LINEが提供する管理ツールで友だち限定記事のURLを取得し、SNSなどで拡散することで、友だちを増やす仕組みです。タイムライン(ホーム投稿)や、LINE以外のSNSなどでの活用を想定しています。

画像4

▶注意
・友だち限定記事は、LINE NEWS各面やオープンキャストには掲載されません。LINE NEWS各面やオープンキャストについてはこちら
・普段の配信内容とテイストが大きく異ならないコンテンツを推奨しています。
※友だち限定記事の設定方法は管理ツールマニュアルをご参照ください。

今後の新たな友だち増加施策やスポットで実施するキャンペーンなどは、当ブログなどでお知らせしていきます。



LINE公式アカウントを通じて、ニュース記事がダイジェスト形式で届く「LINEアカウントメディア プラットフォーム」。全国紙や地方紙・ファッション誌・ビジネス誌など350以上のメディアが、独自の視点で厳選した記事を配信しています。その仕組みや注目事例などをご紹介。