見出し画像

NEWS AWARDS 2020 12月16日(水)開催 新企画も

「LINE NEWS」が主催し、その年を彩る「話題の人」や「記事」、「メディア」を独自の基準で選出・表彰するNEWSの祭典「NEWS AWARDS」。今年は、12月16日(水)に開催することが決定しました。
今年で5回目を迎える本アワードですが、新型コロナウイルスの影響を考慮し、オフィスやご自宅からでもご参加いただけるよう、オンラインの番組形式で放送します。

概要

2020年12月16日(水)16:00~(18:00ごろ終了予定)
視聴URL(LINE LIVE):https://live.line.me/channels/3624560/upcoming/15478437

新企画 トークセッション実施

例年、NEWS AWARDSでは「話題の人」や「LINEユーザーから支持されたメディア」などを発表し、 LINE NEWSの今後について、プレゼンも行ってまいりました。今回は新たに、メディアの皆さまとのトークセッション企画「Media×Platform 情報流通のニューノーマルとは」を行います。
今年は、コロナウイルス感染拡大が情報流通にもインパクトを与え、LINE NEWSとして多くの課題が見えた1年でした。 メディアの皆さまから新たな課題やご要望をいただくことも多く、 節目である「NEWS AWARDS」において、いま一度立ち止まってメディアの皆さまと一緒に考えていく場を作ることができればと思い、その初回を実施いたします。

「Media×Platform 情報流通のニューノーマルとは」

画像1

【アジェンダ】
・LINE NEWSがコロナ禍でみた課題
・各社のコロナ禍での情報発信における試み、手応え、課題
・「コロナ前後のニーズの変化」をどう受け止めたか
・メディア、プラットフォームそれぞれの今後の展望
視聴者・読者・ユーザー層が異なる3社とプラットフォームとで情報流通の今後について議論するという内容です。

表彰パートもオンラインで実施

LINEアカウントメディアプラットフォーム(以下アカウントメディア)の特徴でもある”ユーザーとの結びつき(エンゲージメント)”が高いメディアを、例年通り表彰。各メディアには、変化の大きかった2020年の振り返りや、運用のこだわりなどについてお話しいただきます。

①「LINEユーザーに支持されたメディア」の表彰
アカウントメディアに参画している345メディア*を13ジャンルに分け、ユーザー満足度をLINE独自の指標である「エンゲージメントランク」としてランキング化。1年を通して、各ジャンルで特に高い支持を得たメディアを表彰いたします。

【表彰部門】
カルチャー部門 グルメ・レジャー部門 スポーツ部門 ニュース報道部門 ビジネス・テック部門 モノ・ファション部門 芸能・社会部門 趣味部門 女性部門 地方メディアⅠ部門 地方メディアⅡ部門 地方メディアⅢ部門 暮らし・学び部門

参画メディア一覧

②「LINE ジャーナリズム賞」の表彰
2020年にLINEで配信された220万本を超える記事の中から、記事閲覧数・ユーザーのアクションなどをベースにし、“新しい角度で物事を取り上げたか” “新しい見せ方で伝えたか” “読んだ人の心を深く動かしたか”といった観点に基づき、LINE NEWSが独自に選出・表彰します。公式ページでは、10本のノミネート記事をご覧いただけます。
「ジャーナリズム賞」ノミネート記事はこちら


上記表彰の他、同日に「話題の人」の表彰式も開催。タレント部門、文化人部門、アイドル・アーティスト部門、アスリート部門・俳優部門の各分野でNEWSになり、2020年を彩った「話題の人」を発表します。
NEWS AWARDS 2020公式ページでは、ノミネート者をご覧いただけます。
NEWS AWARDS 2020公式ページ

LINE公式アカウントを通じて、ニュース記事がダイジェスト形式で届く「LINEアカウントメディア プラットフォーム」。全国紙や地方紙・ファッション誌・ビジネス誌など350以上のメディアが、独自の視点で厳選した記事を配信しています。その仕組みや注目事例などをご紹介。